ファーブル日記

退職のごあいさつ

2013/12/31

 寒さが一段と身に染みるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日で今年も終わりですね。もうお正月の準備は整いましたか?

 さて、このたび12月31日をもちまして、ファーブル動物医療センターを退職することになりました。在職中は皆様に支えられ色々とお世話になりましたこと、本当に心から感謝しております。

 獣医師になった最初の日、先輩に「不安な気持ちをいっぱい抱えて病院の玄関をくぐった飼主さんが、帰る時には笑顔になって玄関を出られるような診療を心がけなさい。」と言われました。それ以来、その言葉を胸に日々の診療を行ってまいりました。

 「大丈夫かな?」「どうなるんだろう?」そんな飼主さんの不安が少しでも軽くなり、また、一生懸命に看護をされている飼主さんの辛い事や悲しい事が少しでも小さくなり、嬉しい事はもっともっと大きくなり、皆様が笑顔で病院を出られるよう心がけておりました。

 でもまだまだ未熟者のため、飼主さんの不安を取りきれなかったのではないか、もっと御心に寄り添える言葉があったのではないかと反省して眠れなくなった夜もたくさんありました。お力になれなかった皆様には本当に申し訳なく思っております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 ファーブル動物医療センターではとびきりの動物大好き人間を各種取り揃えております。皆様が感じている不安な事、辛い事、悲しい事を一人で抱え込まずに、ぜひスタッフに相談して下さい。もちろん嬉しいことも大募集しております。皆様がワンちゃん、ネコちゃんと一緒に幸せな気持ちで毎日を過ごせるよう、心からお祈り致しております。

 今まで本当にありがとうございました。

 今後ともファーブル動物医療センターを宜しくお願い致します。

 皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げ、略儀ながら書中をもって御礼と退職の御挨拶とさせていただきます。

                平成25年12月31日                       ファーブル動物医療センター     獣医師 佐伯 美佳

投稿者:nishido | カテゴリー:ファーブル日記

ページの先頭へ