ファーブル日記ファーブル日記

シャンプー大会

2018/07/18

    こんにちは^^*

 

おひさしぶりです!

地震が起き、大雨が続き自然災害が続いていますがみなさん大丈夫ですか?

 

うちの子たちはケロっといつも通り過ごしてくれていて良かったです!

 

なので・・・

シャンプー大会を実施しました!

 

まずはきなこちゃん。

 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とってもいい子に私たちの遊びに付き合ってくれました♡

 

つぎはいちごちゃん

 4

 

 

 

 

 

猫ちゃんとは思えない大人しさで私たちに協力してくれました♡

 

かつおちゃんは歯周病治療の為スケーリングを実施したので

今回のシャンプーはおあずけです。

かつおちゃんにとったらラッキーだったかもしれないですね!

また、エリザベスカラーが取れたら頑張ってもらおうかな?

 

シャンプーが終わった後は私の膝枕でずっと寝ていたきなこちゃん♡

本当に可愛いですよね♡

 

5

 

 

 

 

定期的に開催されるシャンプー大会!

みなさんのおうちではどーですか?

また、お話し聞かせて下さいね!

 

一般診療科 看護師 多田

 

 

スケーリングについて

2018/07/18

こんにちは^^*

梅雨の季節に入りジメジメした日々が続いていますが

みなさん、体調崩したりしていないですか?

今回はファーブルスタッフかつおちゃんについて書こうと思います。

最近、かつおちゃんに元気がなくあまりご飯を食べない日が続いていました。

血液検査をしても異常がなく不安がいっぱいでした。

身体検査を続けお口の中を診てみると中が赤く一部少しだけ出血していました。

歯石による歯周炎がひどいようです。

麻酔をかけてお口のレントゲンを撮影し、全ての歯を超音波スケーラーを用いてお掃除しました。

とても頑張ってくれました。

今では柔らかいご飯からスタートし私が甘やかしているせいか

いつも以上にもりもりご飯を食べてくれています!

みなさんも一度、わんちゃん・ねこちゃんのお口の中をチェックしてみてください!

何か病気がかくれているかもしれません。。

口臭が気になる。歯石が気になる。いろいろあると思います。

それは大きな病気になる前ぶれかもしれません。

その子それぞれに合った治療を考えていきましょう!

何か一つでも気になる事があればお気軽に当院へ来院してください。

1

一般診療科 看護師 多田

フィラリア予約について

2018/03/30

こんにちは^^* お久しぶりです!

 

新病院になり初めての投稿ですね。

長い間、お引越しや新しい事に慣れるまでに時間がかかり止まってしまいました。。

すみません。。

これから、また頑張って投稿していこうと思います!

 

 

新病院になって皆さんに伝えたい事が沢山あるんですが先ずはお知らせから!

 

毎年、フィラリアのシーズンに入るとお知らせのハガキを送らせていただいてました。

今年はこちらの事情で大変申し訳ないんですがお知らせが遅れています。

本当にすみません。

 

そろそろフィラリアのシーズンです。

今年も例年通り4・5月のみ予約診療を行います!

 

日曜日:9:00~11:30

火・木曜日:13:00~15:00

 

診察内容:

血液検査・フィラリア検査・ワクチン・狂犬病ワクチン・フィラリアのお薬を行います!

 

 

*先生の指名は出来ません。

*予約時間に遅れると診察ができません。10分前来院にご協力をお願いします。

 

診察が込み合い待ち時間など皆さんにご迷惑をお掛けする事が多々あると思います。

少しでもそのご迷惑を改善させて頂く為の予約診療です。

是非、ご予約を取ってくださいね!

 

予約・何かご不明な点がございましたら直接スタッフに尋ねるか

電話にてお問合せください。

 

一般診療科 看護師 多田fi

革新プロジェクト⑦

2018/02/10

大変大変お待たせいたしました。

2016年4月6日に革新プロジェクトの①を書き、約2年たった2018年2月2日に新病院が完成・開院いたしました。

ご協力くださった建築業者様、医療機器メーカー様、システムメーカー様、応援してくださった飼い主様、近隣住民の皆様、そして病院スタッフ全員に感謝いたします。

 

さて、新病院の一部をご紹介したいと思います。

 

新病院 001

 外観は少しおしゃれなタイル調です。

 

IMG_1442

国道沿いの側面は以前の外観を継承し、木目調にしました。

 

IMG_1542

2階一般診療科受付カウンターです。待合室は50名ほどお待ちいただける広いスペースを確保しております。

 

今日はこの辺でとどめ、革新プロジェクト⑧から新病院情報をご紹介させていただきますので、しばらくお待ちいただけたらと思います。

 

開院後、まだ数日で不慣れな点もございますが、飼い主様へより良い医療・サービスを提供できる動物病院を目指しますので、よろしくお願いします。

 

腫瘍科担当 西戸

 

 

工事

2017/12/05

こんにちは^^*

昼と夜の気温差が激しくなってきましたが 皆さん体調は崩されていないですか?

ついこの間まで更地だった病院の横も 今では大きな柱が沢山立ってきました。

きなこちゃんも完成を楽しみにしているのか ドックランに出ても遊ぶことを忘れて

ずっと柵越しに工事を見守っています!

 

IMG_1487

 

きなこちゃんにとっても初めてのことで 興味津々なんですかね?

私も早く完成しないかとても待ち遠しく思います!

騒音、駐車場等でご迷惑をお掛けしますが ご理解の程、宜しくお願いします。

 

IMG_1488

                         一般診療科 看護師 多田

2018年カレンダー

2017/09/27

こんにちは^^*

去年に引き続きご好評だった
全国の飼い主さまからたくさん応募があった中から選ばれた
BEST写真日めくりカレンダー2018の販売が始まりました!

今回、ファーブルのアイドル きなこちゃんとゆずちゃんも参戦したのですが
結果は不採用。。。


とても残念です。。


こんなに可愛いきなこちゃんとゆずちゃんよりももっと可愛いお友達が
たくさん映っているカレンダーです!


是非、一度 手に取ってご覧ください!


今回は残念ながら不採用だったのですが
応募元からきなこちゃんとゆずちゃんの写真を

たくさん応募した中の1枚の写真で
1日カレンダーを作って送ってきてくださいました!
早速、きなこちゃんとゆずちゃんに報告し
待合に飾りましたのでこちらも是非、見て下さいね!


IMG_1218
                                                                                  一般診療科 看護師 多田

 

革新プロジェクト⑥

2017/09/02

蒸し暑い季節も少し緩やかになる9月になりました。

おかげさまで新病院建築もかなりすすんでおります。

今年いっぱい駐車場数が少なく、飼い主様へはご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。

 

さて、これまでの流れを写真に収めましたので、少しご紹介させていただきます。

 

IMG_1064

こんな長いドリルで地面を掘るんですね。ビックリしました。

 

IMG_1078

大きな浄化槽がスッポリ。素人からは潜水艦にしか見えません。

 

IMG_0146

地鎮祭の1枚です。無事に工事が終了することをお願いいたしました。

 

IMG_1219

そして現在、基礎工事が始まっております。地盤がゆるいため、深くまで掘り下げての作業です。

 

まだまだ工事は始まったばかり。

飼い主様へも、近隣の方にも振動や騒音でご迷惑をおかけいたします。

 

腫瘍科担当 西戸

 

晴天

2017/09/02

こんにちは^^*

 

8月に入り晴天が続いていますが皆さんはどうお過ごしですか?

先日、友達と東北地方へ旅行に行ってきたのですが
大坂に帰ってきて驚いた事がありました。

北の方ということもあるのか
旅行中はカラッとした暑さで快適に過ごしていたのですが
大坂に降り立った途端
ジメッとした暑さが身体にまとわりついて汗が止まりませんでした。。
日本国内でもこんなに気温差があるんだなと改めて思いました。

晴天続きでお散歩日和ですが
ワンちゃんもオーナー様も熱中症には十分気をつけて
お散歩を楽しんで下さいね!

 

IMG_0819

                                                                             一般診療科 看護師 多田

お散歩デート

2017/06/27

こんにちは^^*

梅雨の時期に入りジメジメした日々が続いていますが
みなさんの体調はいかがですか?

予防の時期もひと段落つき
当院もようやく新病院建設に始動し始めました。
駐車場等でご迷惑をお掛けしますがご理解の程よろしくお願いします。

さて、今回は当院のスタッフきなこちゃんの出来事をお話したいと思います!

梅雨時期に入る前に私はきなこちゃんとお散歩デートに行ってきました♡
当院から車に乗って到着した先は鶴見緑地公園です!

とても広い公園だけあってたくさんのわんちゃんのお友達と会いました。
広い芝生の広場ではボール遊びをしたり

 

IMG_0370

 

まだ夏に突入していないにも関わらずとても蒸し暑かったので
噴水で水遊びをしたり

 

IMG_0367

 

最後はドッグカフェでまったりと

 

IMG_0334

 

とても楽しい1日を過ごしました♡

飼い主バカになるかもしれませんが。。
写真のきなこちゃんとっても可愛くないですか?
飼い主さまとも病院に来院されたさいにこんな楽しいお話しも一緒にできればなと
思っていますのでお気軽に話しかけて下さいね!

 

 

                                                                                   一般診療科 看護師 多田

ワクチン

2017/05/04

こんにちは^^*

春になってわんちゃん、ねこちゃんの予防の季節になってきました。
前回は春の予防の1つ目、フィラリアについてかきました。
今回は春の予防の2つ目、ワクチンについてお話したいと思います。

 

基本的には

わんちゃんなら生後2か月目、3か月目、4か月目と生まれた年に3回、
ねこちゃんなら生後4か月目、5か月目と生まれた年に2回接種いたします。
そしてその後、毎年1年に1回接種してもらう<混合ワクチン>があります。

 

わんちゃんには法律で4月-翌年2月までに
必ず接種しないといけない<狂犬病ワクチン>があります。

 

初めてわんちゃん、ねこちゃんを飼われるオーナー様には
なかなか先生には聞きにくい!や、知らなかった!
生後1年を過ぎてしまったけど今更聞きにくい。。など
予防について様々な疑問があると思います。

 

ワクチンにもたくさんの種類がありそれぞれによって予防できる病気が異なります。
なので、今更。。と思わずに一度来院して頂き、
それぞれに合ったワクチンを先生と相談しながら決めていきませんか?

 

そして、どんなワクチンにも、ワクチンに対するアレルギーというものがございます。

ほとんどがアレルギー反応を示しませんが、
ワクチン接種後に何かあった時、素早く対応をさせて頂く為にも
出来るだけワクチン接種をご希望で来院される飼い主様には
午前中の診察時間内に来院をお願いしております。

 

何か少しでも疑問、不安があればお気軽に当院スタッフまでご質問ください。

 

IMG_0313

 

                                                                                                 一般診療科看護師 多田

フィラリア症

2017/03/31

こんにちは^^*

今回はフィラリアのことについてお話ししたいと思います。

この時期に病院に来院されるとフィラリア症と耳にする機会が多々あると思います。

フィラリア症とは…

蚊が媒介する代表的なわんちゃんの病気です。まれにねこちゃんにも寄生します。

蚊にさされても、すぐに発症しないのでご安心下さい。

小さい虫が数ヵ月後に成虫に発育し、肺の血管や心臓に寄生することにより発症します。
多数寄生することにより血液の流れが妨げられ、様々な障害が発生し進行すると

死に至る場合もあるとても怖い病気なんです。

 

でも大丈夫!

こんな怖い病気でもしっかり予防すればかかることはありません。

皆さんは、もうフィラリアの検査を済まされましたか?
当院では4-12月のフィラリアの予防を推進しています。

まだ検査をされていないのであれば
せひ、4月中に検査をしに来院してください!

予防薬にはジャーキータイプ、クッキータイプ、錠剤タイプ、注射タイプ
沢山の種類があります。
わんちゃんそれぞれに合った予防方法を先生と一緒に選択していきましょう。

何かご不明な点がございましたら
当院スタッフまでお気軽にご質問ください!

IMG_7163
                                       一般看護師 多田

革新プロジェクト⑤

2017/03/14

気温が高くなり、過ごしやすくなりました。

 

皆さま大変お待たせいたしました。

新病院建設工事着工日が決定いたしました。

ゴールデンウィーク開けの5月8日(月)です。予定では年内完成となりそうです。

 

楽しみである反面、問題もあり、飼い主様へご迷惑をおかけいたします。

駐車場の利用台数が工事期間は制限されてしまい、土日祝日などの混雑時は

駐車場がなかなか空かないということも想定されます。

 

病院から163号線をわたったコインパーキング奥に追加の駐車場を6台ご用意できました。

詳しくはお知らせをご覧ください。

 

次回革新プロジェクト⑥は新病院の詳しい情報をお伝えしたいと思います。

 

ファーブル動物医療センター

腫瘍科担当獣医師 西戸

フィラリア予約

2017/03/14

 

いよいよ3月からフィラリアの予約を開始します!
待ち時間をより短くする為に完全予約とさせて頂きます。
なお、一般診療科の通常の診療時間でもフィラリア検査をさせて

頂きますので 時間の都合が合わなかった場合はそちらで受診して下さい。

 

実施日:3.4.5月(祝日は除く)

日曜日:午前9:00~11:15(4.5月のみ)
火曜日:午後2:00~3:45
木曜日:午後2:00~3:45

 

診察内容:血液検査・フィラリア検査・混合ワクチンor狂犬病ワクチンのみ

*獣医師の指名はできません
*予約時間の5分前には来院お願いします。
大幅に遅れると診察が出来ない場合がございます。ご了承ください。

お電話または直接来院でのご予約どちらでも大丈夫です!
是非、ご利用下さい!

 

 

securedownload

                                     一般診療科看護師 多田

革新プロジェクト④

2017/01/03

新年明けましておめでとうございます。

今年もファーブル動物医療センターをよろしくお願い申し上げます。

 

まずは飼い主様へ謝罪しなければなりません。

前回は昨年5月の革新プロジェクト③を記載し、7ヵ月間という長い空白がございました。

また、革新プロジェクト①の看板には新病院は平成28年末の完成予定となっておりました。

気がつけば平成29年。。。工事はいまだ始まっておりません。

大変申し訳ありませんでした。

 

新病院建築に関しての申請であったり、お金の工面であったりで遅れてしまいました。

飼い主様から幾度となく、工事はまだでしょうか?というお声をいただいていたことも存じております。

 

しかし、それらの問題も解決し着工できそうです。

まだ具体的着工日は決定しておりませんが、決まり次第飼い主様へご報告させていただきます。

 

次回革新プロジェクト⑤を楽しみにしていて下さい。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

アンケート

2016/12/06

こんにちは^^*

 

ファーブル動物医療センターも今月21日をもちまして
移転後10周年を迎えることができました!

 

ありがとうございます。

私たちスタッフを信頼してくださった飼い主様のご指示があってのことだと思います。

これからも皆様のお気持ちを大切にし日々、精進していきたいと思います。

 

当院では毎年年末に、より良い病院作りのためにアンケートを実施しています。
これからのファーブル動物医療センターのためにもご協力宜しくお願い致します。

 

また、日頃の感謝を込めアンケートにお答え頂いた飼い主様にねこちゃん、 わんちゃんのカレンダーをお配りしております。
数に限りがありますので一家族一部、無くなり次第終了とさせて頂きますのでご了承ください。

 

これからもファーブル動物医療センターを宜しくお願い致します。

 

securedownload

 

                          一般診療科 看護師 多田

お口のトラブル

2016/11/08

こんにちは^^*

朝と夜が急に冷え込むようになり肌寒い季節が参りましたが
皆さんはどうおすごしでしたか?

今回は、わんちゃんのお口について書こうと思います!
皆さんは大切なわんちゃんの歯磨きはされていますか?
なかなかお口の中を見せてくれる子は少ないとは思いますが…
最近、口臭が匂ってきたり眼の下あたりが腫れてきたり歯石がついてきたなど
していませんか?

こんなお口のトラブルでお悩みの子達には歯磨きという選択の他に
スケーリングという処置があります。
診察をした上で先生とご相談のもとその子それぞれに合った治療方法で
お悩みを解決しませんか?

今ならスケーリング処置をされた子限定で歯磨きセットのプレゼントも行っております。
歯磨きの仕方が分からなかったり
なかなかお口を見せてくれない子にも
当院スタッフが全力でサポートさせて頂きます!

これを機に、一緒にくさーい口臭とおさらばしてみませんか?
何かご不明な点がございましたら
いつでもお気軽に当院スタッフにお声かけください!

 

IMG_6288

                                 一般診療科看護師 多田

募金

2016/09/15

こんにちは^^*

当院の受付で皆さんにご協力頂いていた
熊本地震で被災したわんちゃん、ねこちゃんの為の募金を
送金しましたのでご報告致します!

 

熊本

 

2016年4月14日に起きた熊本地震。

その後、獣医師会の迅速な対応により募金が始まりました。
その結果 \21027
総額 集まりました。
ご協力ありがとうございました。
皆さんのお気持ちが少しでも救援の手助けになればと思います。

                           一般診療科看護師 多田

おしらせ

2016/09/10

こんにちは。動物スポーツメディスン科の看護師 玉岡です。

少しずつ秋の気配も感じられるようになり、朝晩も過ごしやすくなって参りました。

さて、9月5日に発売されました週刊東洋経済(9月10日号)のペット特集にて、当院が紹介されております。院長の山口のインタビューが掲載されておりますので、ご興味のある方は一度ご覧下さい。

キオスクやインターネットで購入が可能です。

まだまだ日中は、日差しも強く思っている以上に気温が上がっています。ワンちゃん、ネコちゃんが熱中症にならないよう十分ご注意下さいね!(^^)

1

動物スポーツメディスン科 看護師 玉岡

サマーカット

2016/09/09

こんにちは^^*

今日はファーブルのスタッフきなこちゃんのサマーカットをしました!

バリカンがこそばゆかったのか 身体をくねくねさせながら抵抗していたきなこちゃん。

最後まで頑張ってくれました!

 

IMG_5150

 

しっぽがライオンカットになったとっても可愛いきなこちゃんです♡

 

IMG_5134

 

夏の暑い季節、みなさんはどうお過ごしでしたか? 猛暑が続き熱中症で当院を訪れる子が後を絶ちません。

夏も終わりかけですがまだまだ暑い日が続くと思います。

水分補給、室内の温度調節、暑い日中はお散歩を避けるなど わんちゃん、ねこちゃんの方が人よりもアスファルトや地面との距離が近いので 熱をより一層感じやすい為、気を付けてあげて下さいね!

                                                                                                                                                                                                                                 一般診療科看護師 多田

今日は^^*

2016/07/27

梅雨の時期がそろそろ終わり

じめじめした空気が少し和らぐかと思いますが
わんちゃん達の毛並みの調子はどうですか?

じめじめした空気が続くと皮膚が弱いわんちゃんちゃん達に
よく異変が起こることがあります。
身体にベタつきや痒み、赤みがでてきたりフケなどがでてきたり…

今回、紹介するお友達は
そんな皮膚に対するトラブルを抱えている
ヨークシャテリアのソラちゃんと
MIXの桃ちゃんです♡

そらちゃん1

 

そらちゃん2

 

ももちゃん1

 

ももちゃん2

 

先生の治療の一環としてバブルバスに通っています。

とても小さい泡マイクロバブルが満たされているお風呂の中に入り いつも気持ちよさそうに治療に取り組んでくれています!

一度、痒がっていないか お腹や背中に赤みがないか フケは出ていないか 身体をチェックしてみて下さい!

マイクロバブルバスをお考えであれば お気軽にスタッフまでご相談ください。

                                                                                                                                                                                一般診療科 看護師 多田

お久しぶりです!

2016/07/27

こんにちは^^*

お久しぶりです!

長い間 更新をお休みしてしまいすみませんでした。。

これからは 長期間お休みすることなく更新していきたいと思います!

 

フィラリア予防など皆さんはもう済まされましたか?

海に山に川!大切な家族と一緒にお出かけする機会もたくさん増えると思います。

フィラリア予防だけでなくノミ、マダニ予防もしっかりして

アウトドアを思いっきり楽しんで下さいね☆

 

ファーブル動物医療センターのスタッフ:きなこちゃんです!

新しい骨のガム デビューです♡

喜んでもらえて私も嬉しいです!

皆さんのお気に入りの写真はありますか?

 

 

 

あああ

一般診療科 看護師 多田

革新プロジェクト③

2016/05/05

皆さまゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしょうか?

 

早くもプロジェクト第3段ということで、今回は新病院の内装について少しお話したいと思います。

 

今回の工事看板を見られた方はおわかりだと思いますが、計画中の新病院は『4階建て』です。

1階部分はエントランスのみでほとんどが飼い主様の駐車場スペースです。その他小さいDog Runを設置する予定です。

駐車場スペースはハイルーフでも駐車できる高さに設定しており、雨天時でもぬれる心配はございません。

現在建っている病院のスペースも駐車場になりますが、こちらは残念ながら屋根なしです。

 

1階エントランスを入って4階まで階段?って思われた方がいらっしゃると思います。

ご安心下さい。エレベーターを設置いたします。

大型犬でも安心して乗れる大きめのエレベーターです。

 

2階は一般診療科、皮膚内科、腫瘍科。

3階はスポーツメディスン科。

そして4階はリハビリテーション科となります。

1階からスリッパなど履き替えなしでそのまま上がっていただけます。

 

今までのアンケート調査で1階の待合いが『せまい』という飼い主様からの貴重なご意見をいただきました。

今回企画している待合いのスペースは飼い主様から満足いただけるよう、広く設定しております。

『広く』といってもどれくらいなのか・・・。

一般診療科、皮膚内科、腫瘍科の2階部分は93m

現在の待合いは22m。広さとして4倍くらいでしょうか。

 

現在の病院も建設当時は待合いが広くなって良いだろうなと思ったことを覚えています。

しかし実際は混雑時、飼い主様のほとんどがお車で待たれているという現状。

もしかしたら、10年後にはこれでもせまいと感じるかもしれないという恐怖はございますが、

現時点でとれる最大のスペースです。

 

3階、4階部分も現在のスポーツメディスン科の待合いより広いスペースを設定いたしましたので、

大きいわんちゃんでも安心していただけると思います。

-飼い主様に満足していただける病院をめざして-

 

次回第4段も新病院の情報をお伝えいたします。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

 

 

革新プロジェクト②

2016/04/19

①に引き続き第2段ということで、腫瘍科の西戸です。

 

1年前のブログにも記載いたしましたが、今年もヒトの放射線学会に行ってきました。

JRS1

看板の写真は昨年の方がうまく撮れていましたね。

この「2016総合医用画像総合展」で診断用の機器を実際に見る、操作することが学会参加の目的です。

目的は昨年同様ですが、ヒトの脳腫瘍や肝臓がんの放射線治療のシンポジウムも聞いて勉強してきました。

 

本題にもどり、プロジェクトの中に新病院に新しい診断用の機器を導入することを予定しております。

ひとつは『CT』です。

今まで他の病院に撮影していただき、その後に治療を行ってきました。CTを導入すれば、診断後すぐに治療が開始できるというメリットがあります。昨年もCTの機器に関する勉強をしましたが、1年たって新機種ばかりでどんどん進化しているんだなと痛感いたしました。

 

もうひとつは『レントゲン』です。

JRS2

現在、撮影した写真をフィルムに現像して飼い主様へ説明させていただいております。

新病院では写真をデジタル画像化し、パネルで説明できるようにしたいと考えております。

 

昨年はブースの大きさを伝えれなかったので、訪問させていただきました富士フィルムさんのブースの上部を撮ってみました。展示ホールは10000m2以上あり、高さ19mもあるそうです。

獣医の学会では考えられないですね。

 

新しいCTやレントゲンの導入。これは飼い主様へ満足していただける病院づくりの一つにすぎません。

 

プロジェクト内容はまた第3段でお伝えいたします。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

革新プロジェクト①

2016/04/06

年明け以来、長らくお待たせいたしました。

腫瘍科の西戸です。

 

ファーブル動物医療センターが変化するプロジェクトに少し芽が生えてきたようです。

看板

 

お気づきになられた飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、4月5日(火)にこの看板が建てられました。

写真の撮り方で少し大きく見えますが、思ったより小さい看板です。

看板に記載されている通り、そうなんです。

新築病院の建設工事が7月からの予定となりました。

役員一同で新病院のプロジェクトを進めてまいりました。

-飼い主様に満足していただける病院をめざして―

 

場所は現在ある病院の横の駐車場です。

休診予定などは今のところございませんのでご安心ください。

 

今日はこのあたりにとどめておいて、少しずつブログに内容を更新していこうと思います。

 

腫瘍科担当獣医師

西戸

新年明けましておめでとうございます。

2016/01/01

ご無沙汰しております西戸です。

 

2016年が始まりました。

今年はファーブルにとってすごく大切な年になります。

これまで飼い主様に幾度とアンケート調査を行い、ファーブル動物医療センターに何が必要なのかを調査してまいりました。

今年はそれを具体的に少しづつ進めていこうと考えております。飼い主様、動物達に喜んで頂ける病院をめざし。

 

スタッフ一同、少しでもお役にたてるよう努力してまいりますので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

腫瘍科担当獣医師

西戸

夏の思い出

2015/10/08

こんにちは!動物スポーツメディスン科の看護師玉岡です。

 

すっかり季節は秋に傾いてきましたね。昼間と夜間の温度差が激しいですが、みなさん体調管理は万全でしょうか?(^^)

 

さて、今日はこの夏の思い出を少しご紹介しましょう。

当院の元気娘たち、きなことゆずはご存知でしょうか?彼女たちはゴールデンレトリーバーとラブラドールレトリーバーという犬種なので水遊びが大好きです!

 

なので、レッツ水遊び☆

コピー ~ 画像 034

 

きなこはホースから出る水を前足でかくのが大好きです(^^)

 

コピー (3) ~ 画像 034

 

 

かわいいでしょ?上の写真のように水につかったり、水の中に顔を潜らせるのも得意なんです!

また、来年の夏も楽しめたらいいね!!

コピー (2) ~ 画像 034

 

 

 

 

動物スポーツメディスン科 看護師 玉岡

ダイエット結果報告

2015/08/21

お久しぶりです^^*

今回は4月からダイエットを始めた
きなこちゃんとゆずちゃんの結果報告をしたいと思います!

きなこちゃん
4月1日  体重   28.4㎏
      ウエスト 64.4㎝
IMG_9572

6月30日 体重   25.1㎏
      ウエスト 59.0㎝
IMG_9794

ゆずちゃん
4月1日  体重   27.6㎏
      ウエスト 61.6㎝
IMG_9618

6月30日 体重   24.8㎏
      ウエスト 58.8㎝
IMG_9800

たったの3ヶ月で
きなこちゃん 体重   -3.3㎏
       ウエスト ー5.4㎝
ゆずちゃん  体重   -2.8㎏
       ウエスト -2.8㎝

ダイエット 成功です!!!

ダイエットを頑張ったきなこちゃんとゆずちゃんにご褒美です!
本当に嬉しそう♪
IMG_1029

これを機にみなさんのわんちゃん、ねこちゃんもダイエットに挑戦してみませんか?
IMG_9819

ファーブル動物医療センター 看護師 玉岡.多田

サイコオンコロジー

2015/07/14

腫瘍科の西戸です。

 

先日行われました、日本獣医がん学会で「サイコオンコロジー」のシンポジウムが行われました。

「サイコオンコロジー」とは心の研究を行う「psychology(サイコロジー)」と

腫瘍の研究を行う「oncology(オンコロジー)」を組み合わせた言葉だそうです。

 

大学時代に心理学を勉強した覚えはありますが、腫瘍学と重ねて考えるということはありませんでした。

サイコオンコロジーという企画はがん学会でも初めてのことで、もちろん私も初めてお話を聞きました。

講演された先生は獣医師ではなく医師であり、その分野を研究されている先生でした。

 

先生によりますと、医師は学生時代にサイコオンコロジーを必ず勉強し、患者様とのコミュニケーションのとり方を学ぶらしいです。

なんと獣医師は全く勉強しないので、飼い主様とのコミュニケ―ションをどういう風にとるかというのは現場で学んでいくのが現状です。

私たち腫瘍学を志す獣医師にとって飼い主様への言葉の使い方は慎重に考えていくべきであると先生はおっしゃっていました。

私はこころがけて飼い主様とお話していますが、やはり足らない部分が多くあることがわかりました。

 

講演の中で最も驚いたのは「沈黙」を作るということです。

沈黙は飼い主様の頭を整理し、考える時間であると。

私たちが話す内容に腫瘍、特に「がん」というキーワードが入ってくると言葉を理解することが精一杯であり、

ものごとを考えるということが難しくなるそうです。

確かに話は聞いているのだけど、記憶されていないという飼い主様は多いと思います。

そこに沈黙という間を少しとるだけで、改善できるひとが多くなる。

私はそんなこと思ってもいませんでした。いかにわかりやすく説明するかばかりを考えてきたからです。

 

サイコオンコロジーは本当に私にとって大切な学問であると思いました。

これからも学会や勉強会でこの文字を見たら積極的に参加し、飼い主様とのコミュニケーションのとり方を考えていきたいと思います。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

足根・膝関節の過伸展症候群

2015/05/23

お久しぶりです!動物スポーツメディスン科の看護師玉岡です。

季節も変わり始め体調は崩されていないでしょうか?

今回は、最近当科に来られた患者様についてお話しましょう。寺前先生にバトンタッチです。

 

こんにちは。動物スポーツメディスン科 獣医師の寺前です。

今日は「足根・膝関節の過伸展症候群」という疾患についてご紹介します。

 

本疾患の原因や病態については不明な点が多いのですが、

膝や足首の関節が異常に伸展するために体重をうまく支えられず、後肢をかばうようになります。

 

確立された治療方法もないのが現状ですが、

この度、チワワで本疾患をもつ患者様に外科的矯正を試みることになりました。

 

DSC01327

 

これが手術前の写真です。

着地した時に足首、膝が異常に伸びるため踏ん張りがきかず、ふらふらしながら歩いていました。

 

DSC01403DSC01407

 

これが右肢の手術後の写真です。

足首、膝関節がしっかり曲がるようになり、体重をうまく支えられるようになりました。

手術していない左側と比較すると変化がよくわかります。

 

これは術後2日目、退院時の写真ですが手術した肢をすでに使い始めており、オーナー様も驚かれていました。その後経過も良好であり、先日反対側についても同様の手術を行いました。

本疾患はグレート・ピレニーズやバーニーズ・マウンテンドッグ等の大型犬種で多く認められますが、小型犬種でも時々見かけます。皆が手術を必要とするわけではありませんが、もしかしたらうちの子も?…と思われる場合には一度ご相談ください。

動物スポーツメディスン科 寺前・玉岡

 

 

 

ダイエット

2015/05/23

こんにちは^^*

突然の気温差にみなさん体調はいかがですか?

4月から当院のスタッフ(きなこちゃん.ゆずちゃん)がダイエットを始めました!
水中トレットミルという機器を使い、関節に負担をかけることなく
筋肉量を落とすことなく健康的にダイエットをしています。

きなこちゃん 4月1日 28.4㎏

IMG_0702

ゆずちゃん 4月1日 27.6㎏

IMG_0701

このダイエットは4-6月の3ヶ月間で
どれだけのダイエットに成功するかを検証しています。

みなさん きなこちゃんとゆずちゃんの今後の頑張りを応援していてください!
IMG_9572
                                   看護師 玉岡.多田

放射線学会

2015/04/21

久しぶりの書き込みです。

image1

先日開催されましたヒトの放射線学会参加の報告です。

私自身、初めてヒトの学会に参加しましたが、その規模は獣医の学会とは全く異なるもので驚きました。

学会参加者の人数、メーカーブースの大きさ、発表の内容などなど、新鮮ですごく勉強になりました。

 

今回学会参加した一番の理由はCT検査機器の勉強で、1日目の午後と2日目の午前中の間ずっとメーカーさんと話をしていました。

合計7社ほどまわりましたが、CT検査機器そのものを見ることができ、

コンピューターで実際シュミレーション画像を拝見できたことにはビックリしました。

獣医の学会では話を聞くことは可能ですが、会場での展示は場所の大きさから無理なのでしょう。

 

各メーカーでCT機器はコンパクトになり、放射線被爆が少なく、

かつ画像をきれいにというようなスペック的なものはほとんど変わらない様に感じましたが、

微妙に画像の見え方やその調整、そして操作性が異なり、特徴が違うことを知りました。

 

当院も近い未来にCT検査が可能になるよう準備をすすめておりますが、具体的な時期についてはまだ未定です。

具体的になればまた報告させていただきます。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

健康診断

2015/03/05

こんにちは^^*
今回は健康診断について書こうと思います。

先日、私の実家の愛犬『レノマ』君の健康診断を行いました。
レノマ君はよく食べ、よく走りまわるとても元気な男の子です。
10歳になった事を機に一度、健康診断を受けてみよう!と思い今回受診しました。

写真

今回は<尿検査、糞便検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査>を行いました。

検査の結果…

尿検査とエコー検査で[シュウ酸カルシウム結晶という結石ができている]
事がわかりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見た目は相変わらず元気で血尿にもなっていませんでした。

しかし、
検査を受ける事により病気が判明しました。

早期発見により何も治療をしないまま
[尿道に結石がつまりおしっこが出ない。そして緊急手術]という
最悪の事態を未然に防ぐことができました。

[見た目が元気だしご飯もよく食べる!うちの子は病院に行かなくても健康だ!]
もしかしたら、見えないだけでSOSのサインを出しているかもしれません。。

レノマ君のように早期発見で治療を受けれる子を増やす為にも
「うちの子は大丈夫!」と思わず一度、健康診断を受けてみませんか?

                                                             一般診療科 看護師 多田

お久しぶりです^^*

2015/01/28

昨年の12月にスタッフ全員で院内セミナーを行いました。
今回のセミナーでは、各科がそれぞれ力を入れていることについて報告しました。

看護師は、

がん検診
バブルバス
療法食
1年の総括
リハビリ

獣医師は
最新のがん治療
循環器系検査
内視鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術
整形外科の症例報告

限られた時間の中で自分達の仕事内容を伝えるのは難しかったですが、お互いの仕事内容を知ることによって、さらに協力体制を整え、より良い診療を行う事が出来そうです。

写真

先日、ファーブル動物医療センターが移転し8周年を迎えることができました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
                                                                                                                                                                                     一般診療科 看護師 多田

2015年を迎えました。

2015/01/01

2014年を終え、2015年度を迎えました。

 

元旦は天気も良く、病院からはきれいな初日の出を見ることができました。

新年早々縁起がよかったと思います。

IMG_0681

今年も少しでも飼い主様に満足していただける病院を作っていこうと思いますので、

本年も何卒、ファーブル動物医療センター、ファーブル動物病院をよろしくお願い申し上げます。

 

腫瘍科担当獣医師

西戸

 

マイクロバブルバス

2014/11/26

こんにちは^^*

お久しぶりです!

今日は皮膚科に来院しているミント君のご紹介をしたいと思います。

なかなか痒みのとれなかったミント君。 皮膚科でマイクロバブルバスという治療法と出会い、根気よく通い続けてくれることにより、症状を緩和することができました。

通い始めのミント君,,IMG_7189IMG_7191

 

 

 

最近のミント君…IMG_8628IMG_8627

マイクロバブルバスとは、マイクロバブルがニオイの原因ともなる毛穴の奥の汚れまで根こそぎ取り除いてくれる画期的な泡風呂です。 マイクロバブル温浴を定期的に続けることによって毛根が元気になり、本来持っている毛質が現れてくる可能性があります。

皮膚の痒みや脱毛などでお困りの方、当院スタッフまでご相談下さい。 一度、マイクロバブルバスを体験してみませんか?

IMG_9214

 一般診療科 看護師 多田

アメリカの病院研修

2014/10/23

ファーブル日記の更新が少なくて、久しぶりの書き込みです。

 

 先日、腫瘍科を一週間休診させていただき、アメリカのテキサス州ヒューストンにございます、

『Gulf Coast Veterinary Specialists』という、有名な病院で研修させていただきました。

 

ここは、基本的に紹介症例のみの診察を行っている2次病院施設です。

image3

 写真はエントランスですが、地上と同じ高さにあるのがこのエントランスと駐車場で、

地下というかおおきなくぼみの上に建設された巨大病院というのが適切かもしれません。

 

勤務しているスタッフは、総勢100名はいたのではないでしょうか?というくらい、この下には大きな施設があります。

image4

病院内の構造は複雑で、最初は広すぎて迷ってしまうくらいです。

 

この病院は各科で専門医が診察や、手術を行っており、外科、腫瘍科、眼科、エキゾチック科にわかれています。

各科で受付や診察室は区画されており、そうですね、診察室は全部で30部屋、手術室は5部屋、入院室は数えられないくらいありました。

 

私はその中の腫瘍科で5日間研修させていただきました。

腫瘍科では専門医の先生が2人いらっしゃいまして、一日20-30例ほどの患者が訪れます。

image5

写真は腫瘍科の処置室で、身体検査や細胞の検査、抗がん剤などがここで行われます。

ここだけでファーブルの処置室の2倍はあったと思います。

 

image2

この写真はその日の抗がん剤予定のチェックリストで、行うべき検査内容や使用する抗がん剤が記載されているボードです。

この日は6件の抗がん治療が行われる予定になっていました。

 

image6

地下2階には放射線治療が行える施設もあり、1日平均5例は治療をうけていました。

放射線治療が行えると、様々な腫瘍の治療にさらに幅をもたせることが可能です。

アメリカでもおそらくそうだと思いますが、大学以外で放射線治療機があるところは日本でも非常に少ないのが現状です。

 

image1

5日間の短い研修でしたが、アメリカの専門医の先生の考え方や治療方法は非常に勉強になりました。

獣医学的なことだけでなく、病院のシステムなども参考になり、今後のファーブルにも活用していきたいと思っています。

腫瘍科のスタッフだけでなく、病院の皆さまに感謝しています。ありがとうございました。

 

腫瘍科担当獣医師

西戸

☆コツメカワウソ☆

2014/08/16

こんにちは!

動物スポーツメディスン科の看護師玉岡です(^^)

 

タイトルの通り、先日当院の動物スポーツメディスン科に・・・あの海遊館から!コツメカワウソがやってきました!!

 

CIMG1339

 

名前はザクロ君。まだまだ、やんちゃなお年頃の男の子です♪

海遊館では現在20匹弱のコツメカワウソが飼育されており、

一般的なコツメカワウソの平均寿命は15歳程だそうですが、海遊館では平均20歳まで生きるのだそうです!!

すごいですよね!!(*^^*)

 

おぉっと、話を戻して・・・

今回、ザクロ君は当院に遊びに来たわけではなく、手術を受けに来ました。下の顎を骨折してしまったそうです。

というわけで。早速、手術開始です!!

 

CIMG1343

 

麻酔をかけるための箱に入りゆっくり眠りに落ちていきます。

その後、血管にカテーテルを通したり、毛を刈ったり、ドタバタしている合間に・・・肉球チェック!!

 

CIMG1368

 

コツメカワウソの気性は激しいそうで、普段飼育員さんや海遊館の獣医さんも触ることはなかなか難しいそうです。なので、ここぞとばかりに当院スタッフは普段触ることのできない肉球を拝見させて頂きました♪

・・・猫の肉球の柔らかさに近いが、水にも入るせいか若干かさかさ肌?(スタッフ談)

だそうです。その後、尻尾の太さに驚いたり、海遊館の獣医さんからコツメカワウソの知識をたくさん教えて頂いたり、充実した時間が流れ・・・

 

いざ、手術へ!!

執刀は我等が院長山口が行いました。

 

DSC09435

 

そして無事に終了し、

 

DSC09444 DSC09445

 

その日のうちに帰っていきました。

 

まだまだ、手術後安静が必要なので皆様のお目にかかるまで時間はかかりますが、また元気な姿で海遊館に戻ってくる日を楽しみにしていましょう(^^)

 

お疲れ様でした!ザクロ君☆

 

CIMG1338

 

 

 

 

日本獣医がん学会

2014/07/11

腫瘍科の西戸です。

 

先日、がん学会に行ってきました。

今まで関東での開催は神奈川県の麻布大学で行われていたのですが、今回は東京駅のすぐ近くにある東京コンベンションセンターという場所で、非常にアクセスがよく、新しい施設で快適でした。

 

がん学会では文字通りいわゆる「がん」について日本中の有名な先生方が集まり、様々な議論が交わされます。

この学会はずっと参加していましたが、同じ腫瘍でもどんどん新しい考え方や治療がでてきており、10年前とは全然違った方向性のものもあります。

 

特に今回のメインテーマである高分化型リンパ腫に関しても同じことが言えるのではないかと思います。

リンパ腫はご存知の飼い主様も多いと思いますが、高分化型って何?と思われた方もいるのではないでしょうか。

リンパ腫は悪性腫瘍としての位置づけですが、高分化型リンパ腫はその中でも進行が緩徐であると言われています。

さらに、状況によっては無治療で経過を観察してもよい腫瘍であることが最近になってわかってきたのです。

 

この「緩徐」と「無治療で経過を観察」というところから、私たち臨床医が戸惑ってしまうケースが多くあります。

今回の症例検討でも高分化型リンパ腫の治療するタイミングについて議論されました。

東京大学の先生方が治療タイミングのガイドラインを作成しましたが、やはり私たち臨床医の主観などで幅がでてきているのが現状です。

私なりの考え方をもっていますが、すごく難しいなと感じました。

 

ここ数年で同じ腫瘍の名前でもさらに分類され、その個々で治療が異なる。

研究が進み、腫瘍に対する考え方や治療がどんどん複雑になってきていますね。

 

これからも新しい考え方や治療を飼い主様へ提供できるよう、こころがけていこうと思います。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

シャンプー

2014/07/10

こんにちは^^*

 

先日、梅雨の時期にも関わらずとてもお天気が良い日がありました。

ということで…

 

ファーブル動物医療センターのスタッフ きなこちゃんとゆずちゃんの シャンプー大会を開催しました!

 

気温も30℃を超える暑さだったのでドックランで水遊びをしてから頑張ってもらいました。

2人共、とても気持ちよさそうにシャンプーをしていたので思わず写真を撮ってしまいました(^0^)/

 

DSC08892

 

DSC08893

 

 

 

サッパリした2人! このあと疲れたのか爆睡でした。。

 

DSC08903

 

 

 

動物スポーツメディスン科 看護師 玉岡

一般診療科 看護師 多田

私たちのするべきこと

2014/06/12

ファーブル日記がお休み気味になってしまい、久ぶりの書き込みです。

 

このお題「私たちのするべきこと」

これを書こうと思ったきっかけは二つあった先日の出来事があったからです。

 

一つ目の出来事はファーブルを卒業された先輩獣医の先生より電話があったことです。

先輩の飼い犬が腫瘍になって困っているとのことで私に電話がありました。

その方はアメリカに住んでいらっしゃるのでアメリカの腫瘍専門医に受診しているにもかかわらず、後輩の私なんかに電話をしてきたのです。

 

実はその先輩、私がまだ獣医師になりたての時に教育してくれた方であり、その方と電話で様々な話を交わしていくなかで、

ふと感じたんです。

「先輩にこうして逆の立場としてアドバイスをしているんだな」と。

 

結果的にはアメリカの腫瘍専門医に受診していますので手は尽くされており、少ない情報でしか伝えられませんでしたが。

先輩からも私の知らないことを教えていただき、まだまだ勉強すべきことはたくさんあると再認識しました。

時代は流れているんですね。

 

もう一つは腫瘍科にかかっている飼い主様からの一言でした。

「先生、これからも動物をたすけるために頑張って下さい」

些細な一言のように感じますが、すごく私の胸に響いてきたんです。

その理由は、この言葉こそが私が獣医学を志そうと決めた言葉だったからです。

 

思えば今の知識は教科書に書かれていることはほんのわずかであり、

そのほとんどは周りの先輩や後輩の獣医師、飼い主様、来院された動物達から学んだことなのです。

 

まだまだ勉強しなくてはならないし、動物をたすけなければならないんだという気持ちを忘れずに日々の診療に取り組んでいこうと思います。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

★HAPPY BIRTHDAY★

2014/06/11

こんにちは^^*

 

6月7日はすももちゃんのお誕生日でした!

 

 誕生日

 

ということで,,,

わんちゃんのケーキを食べてみんなでお祝いしました (^o^)/:

 

15歳になったすもちゃんは人でいうと100歳を超えるご長寿さんです。

 

ギネス記録の最高年齢はラブラドールの29歳193日です。

すもちゃんも同じラブラドールとしてギネス記録目指しこれからも元気にお散歩行って欲しいです!

 

HAPPY BIRTH DAY すももちゃん!

 

一般診療科看護師 多田

新人歓迎会

2014/06/03

こんにちは^^*

 

今回は、ファーブル動物医療センターの近況を報告したいと思います!

 

先日、今年の4月から私達と一緒に働くことになった仲間の歓迎会でBBQをしました。
短い時間でしたがいろいろな話をし、とても楽しい時間を過ごしました♪

 

写真

食後には焼きマシュマロとチョコレートをクッキーで挟んだスイーツを食べました。
みなさんご存知ですか?
とても美味しかったのでBBQをした際は是非、試してみて下さい(^○^)/

 

新しい仲間も増えた『新生ファーブル動物医療センター』を宜しくお願いします。

                                                           一般診療科看護師 多田

2014/04/03

気温もあがり、過ごしやすい季節がやってきました。

病院から帰る道の川沿いには桜がきれいに咲いて、2014年度が始まったなあと実感しているところです。

2013年度は獣医師の長井、河合、佐伯の3名が退職し、今年度は新しい獣医師や看護師が増え、

どの飼い主様でも喜んでいただける新しいファーブルにしていきたいと思っております。

 

話は変わりますが4月より消費税が8%に増税されました。

世間では新しいサービスを提供している企業もあり、少しでもお客様に喜んでもらえるよう工夫しているみたいです。

ビックリしたのがS屋の牛丼は4月より値段が下がるということで、私はもう食べてしまいました。

 

そんな増税にファーブル動物医療センターにできること。

やはり従来通り飼い主様へ喜んでいただける医療を提供することにつきませんが、

犬と猫の避妊および去勢手術料金を従来通りにすることに決定しました。

詳細に関してはお問い合わせいただければと思います。

 

2014年度もファーブル動物医療センターをよろしくお願いします。

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

ひなちゃん2

2014/04/01

こんにちは。 動物スポーツメディスン科 獣医師の寺前です。

 

今日は、以前ご紹介した秋田犬の一花(ひな)ちゃんのその後についてご報告します。

一花ちゃんは股関節が緩く(股関節形成不全)、その治療として11ヶ月齢で2点骨盤骨切り術(DPO)という手術を行いました。

その手術をしてから4ヶ月半が経ちました。

 

当初はまだあどけなさの残る女の子だった一花ちゃんですが…

1

 チャームポイントの耳の後ろの毛はまだ残っていますが、顔つきがすっかり大人っぽくなりましたね♪

 

これまでの経過をレントゲン写真で追っていきます…

 

手術前

2

手術直後

3

手術直後はまだしっかりおさまっていないように見えたレントゲン像も

時間経過を追うとこの通り…

 

1ヶ月半後

4

4ヶ月半後

5

しっかり大腿骨頭が寛骨臼におさまってくれています。

動画でお見せできないのが残念ですが、歩幅も大きく歩けるようになりました!!

 

反対側も緩いので今後も経過観察は必要ですが、ひと安心です。

良かったね、一花ちゃん♪

外見はどんどん大人になっていきますが、このまま人なつこく健やかに育ってほしいと願っています。

 

 

動物スポーツメディスン科獣医師 寺前

 

退職のご挨拶

2014/03/31

こんにちは。獣医師の川合です。

本日を持ちまして退職することをご報告させて頂きます。

 

ファーブルに勤めて早6年、思えば勤め始めの頃は本当に僕なんかが大切な皆様の家族の一員を診させて頂いて良いものかと思い悩んだ時期もありました。飼い主様には、不安な気持ちにさせてしまった事もたくさんあったと思います。

今もその気持ちが完全に消える事はありませんが、自分なりに精一杯やって来たつもりです。今の僕があるのは、スタッフや諸先生方、患者様等周りの皆様の支えがあったからこそだと思います。本当に感謝の気持ちで一杯です。これからは、この6年間の貴重な経験を元に自分自身の道を進んで行こうと思います。

僕はもうファーブルを去りますが、皆様健康第一でこれからもファーブルをよろしくお願いします。

 

一般診療科

川合正行

外科手術の実習

2014/02/25

お話の前に

腫瘍科の休診で飼い主様へはご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

 

休診中にラスベガスへ行ってきました。

これだけだと、「遊んできたな」 と思った方が多いと思います。

 

実際診察時、こんな会話がありました。

「休診ってまたどこかに出張ですか?」

「ラスベガスです。が、遊びに行くのではなく勉強しに行きます」

「ラスベガスで勉強なんてできるんですか?」

「ラスベガスには立派な施設があるんです」

誰も信じてくれないお話ですよね。

私も最初はそう思っていました。

 

ひどいことに、帰りのラスベガスで乗ったタクシーの運転手との会話もこんな感じでした。

「ラスベガスへは仕事で来たんですか?」

「勉強しに来ました」

「ギャンブルの勉強ですか?」

「ギャンブルは少し負けました」

これはジョークなのでしょうか、会話になってませんね。

現地の人ですら、理解できないようです。

でも実際はみっちり勉強するんです。

 

朝は7時20分にバスに乗って8時にはもう講義が始まるんです。

そして夕方5時頃まで缶詰状態でヘトヘトになって帰る。これをみっちり3日間繰り返します。

勉強する場所は町の中心から車で15分ほど離れたところにありますが、勉強する施設としては非常に良い環境です。

 20140215_133027

今回のテーマは全て外科手術ですが、肝臓、胆嚢、腸管、副腎、膀胱、尿管など盛りだくさんでした。

20140215_165858

こちらが講義と実習をして下さった先生方です。

解剖学的なこと、手術手順の詳細など幅広く質問に答えていただき、疑問点が一気に解消しました。

特に今回は肝臓、副腎の外科手術に関して、本当に勉強になったと思います。

 

夜は実習に参加した先生方と仕事やプライベートの話で、本当に充実した時間が過ごせます。

日本全国のいろいろな場所から先生方が参加されますので、新しい出会いがあるのもこの実習のよいところだと思います。

参加できる機会があれば、また行きたいと思います。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

 

2014/02/25

こんにちは^^*

今回のブログは動物スポーツメディスン科と一般診療科の看護師コラボでお送りします。

先日の大雪、みなさんお怪我はございませんでしたか?

当院でもたくさん雪が積もったので、前回紹介したきなことゆずは雪遊びをしました。

IMG_7870

 

雪を食べたり・・・

bfhthvo5myg4

 

IMG_7873

 

雪を乗せてみたり・・・

bfhthvo5myg

 

2人でじゃれあったり・・・

bfhthvo5myg2

 

とても楽しそうでした♪

 

すももは人間で言えば100歳を越えるおばあ様なので、雪には見向きもせず寝ていました。

IMG_7868

 

寒い日々がまだまだ続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。

bfhthvo5myg3

 

動物スポーツメディスン科  看護師  玉岡

一般診療科          看護師  多田

 

フィラリア予防

2014/02/06

年々、月日がたつのが早くなってきたように思います。

そろそろフィラリア予防や狂犬病ワクチン接種の時期ですね。

 

この時期は患者様が多く来院され、予防なのに待ち時間が長いと非常にご迷惑をおかけしております。

それを少しでも緩和しようと、4月と5月は予約診療を行います。

例年、平日の月曜日と火曜日のお昼の時間しか予約がとれませんでしたが、今年は患者様が利用しやすいように日曜日も予約ができるようになりました。予約できる枠が限られていますので、希望の方は早めにご予約いただければと思います。

 

あともうひとつ、1回の注射で1年間フィラリアを予防できる注射を3月から接種できるようになります。

この2点、詳しくはフィラリア予防のお知らせをご覧ください。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

あけましておめでとうございます

2014/01/14

あけましておめでとうございます^^*

 

先月の21日でファーブル動物医療センターができて8年目(旧病院から26年目)を迎えることができました。

2013年を振り返ってみて…
私にとって去年1年を漢字一文字で表すと「学」でした。
沢山の学会やセミナーに参加させてもらい多くの事を学んだ1年だったと思います。

 

去年学んだ事を生かし、

飼主様が話しやすく、分かりやすい説明のできる看護師

を今年の目標とし、目指していきたいと思います。

 

本年も宜しくお願いします。

 

%1B%24B-L%3F%3F%1B%28B
                                    一般診療科看護師 多田

退職のごあいさつ

2013/12/31

 寒さが一段と身に染みるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日で今年も終わりですね。もうお正月の準備は整いましたか?

 さて、このたび12月31日をもちまして、ファーブル動物医療センターを退職することになりました。在職中は皆様に支えられ色々とお世話になりましたこと、本当に心から感謝しております。

 獣医師になった最初の日、先輩に「不安な気持ちをいっぱい抱えて病院の玄関をくぐった飼主さんが、帰る時には笑顔になって玄関を出られるような診療を心がけなさい。」と言われました。それ以来、その言葉を胸に日々の診療を行ってまいりました。

 「大丈夫かな?」「どうなるんだろう?」そんな飼主さんの不安が少しでも軽くなり、また、一生懸命に看護をされている飼主さんの辛い事や悲しい事が少しでも小さくなり、嬉しい事はもっともっと大きくなり、皆様が笑顔で病院を出られるよう心がけておりました。

 でもまだまだ未熟者のため、飼主さんの不安を取りきれなかったのではないか、もっと御心に寄り添える言葉があったのではないかと反省して眠れなくなった夜もたくさんありました。お力になれなかった皆様には本当に申し訳なく思っております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 ファーブル動物医療センターではとびきりの動物大好き人間を各種取り揃えております。皆様が感じている不安な事、辛い事、悲しい事を一人で抱え込まずに、ぜひスタッフに相談して下さい。もちろん嬉しいことも大募集しております。皆様がワンちゃん、ネコちゃんと一緒に幸せな気持ちで毎日を過ごせるよう、心からお祈り致しております。

 今まで本当にありがとうございました。

 今後ともファーブル動物医療センターを宜しくお願い致します。

 皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げ、略儀ながら書中をもって御礼と退職の御挨拶とさせていただきます。

                平成25年12月31日                       ファーブル動物医療センター     獣医師 佐伯 美佳

チョコくん

2013/12/31

はじめまして、動物スポーツメディスン科の看護師黒岩です。

今回はリハビリ通院中のミニチュア・ダックスフントのチョコくん7歳をご紹介したいと思います。

DSC06710

かわいいですね^^

 

チョコくんは11月中旬に椎間板ヘルニアを発症し後肢を全く動かせない状態で、片側椎弓切除術という神経を圧迫している椎間板物質を取り除く手術を受けました。術後は入院中毎日リハビリを行い、退院後もお家と通院でのリハビリを続けていただいています。

 

院内でのリハビリは主に水中トレッドミルを使い、行っています。

水中トレッドミルとは、水を張った水槽の中で床のベルトを動かして歩行する装置です。

陸で立つことが出来ない子でも、水中では浮力によって立位を保ちやすくなります。そしてベルトを動かして、後肢を自転車を漕ぐように動かして補助してあげることで歩行の仕方を再学習させる効果があります。また水圧は血液循環を促進する効果があり、水の抵抗を受けながら歩くことで筋力強化に役立ちます。

 

チョコくんははじめのうちは腰を一瞬浮かせたり、後肢を交互に前に引きながら進むものの引きずっている状態でした。

術後2週間の抜糸後から水中トレッドミルなどでのリハビリを開始し、徐々に前に進む時の腰を上げられる位置が高くなり、腰を上げて保てるようになっていきました。

1

 ↓腰の位置が上がっています。

2

 

続いて水中歩行の様子です。

はじめは後肢を返して歩けませんでしたが…

3

 ↓今では水中では引きずることなく歩くことが出来ています。

4

そして術後4週間経つと陸でも数歩歩行できるようになりました。

次回来院される時にはまた少し歩くのが上手になったチョコくんに会えるのではないかと楽しみにしています^^

 

 ここまで回復できたのは、飼い主様やチョコくんがお家や通院でのリハビリを頑張っていただけたからだと思っています。

ワンちゃんは自分でリハビリできないので、飼い主様の協力が大変重要になります。

 

 手術を行っても状態によっては自力歩行できるまで回復することが難しい場合もありますが、早期から適切な内容を継続して行うことでより早い回復を促します。

水中トレッドミルでの歩行は神経疾患以外でも、関節炎で関節に痛みがある場合や、減量目的でも行うことができます。※心臓や呼吸器の疾患がある場合などにはできない事があります。

 

水中以外にも行うことのできるリハビリは様々ありますので、リハビリに関して気になることがありましたらお気軽にご相談くださいね。

ワンちゃんネコちゃんや飼い主様がお互いに快適に生活できるよう、少しでもお役に立てたらと思っています。

 

 動物スポーツメディスン科看護師 黒岩

アクセル君

2013/12/31

こんにちは! 動物スポーツメディスン科 獣医師の寺前です。

 

今日は、元気いっぱいボーダーコリーの男の子『アクセルくん』をご紹介します。

1

病院に来ると緊張してしまうシャイな一面もありますが、

アジリティーで活躍する本格派アスリートです。

 

当院には、右の前肢をかばうことが多くなったため来院されました。

 

原因は上腕骨の離断性骨軟骨症(OCDでした。

これは肩のレントゲン写真ですが、見えるでしょうか? 赤矢印の部分が凹んでいます。

3

 

OCDは、軟骨内の骨化異常により軟骨に亀裂や骨片が生じる疾患です。内科的治療が有効である場合もありますが、症状が改善しない場合には外科的骨片の摘出が適応となります。

 

関節にカメラを入れる『関節鏡』という検査を行うと軟骨が剥がれているのがはっきりとわかります。赤矢印で示したラインが剥がれている部分です。

4

 

離断した大きな骨片を摘出し、病変部の治癒を促す処置を施して手術は終わり。

5

 

手術後、すぐにでも走り始めようとするアクセルくんでしたが、その気持ちをなんとか抑えていただき、大好きなお母さんと2人5脚☆で安静とリハビリ頑張ってきました!

6

 

その甲斐あって経過も良く、当院での治療は無事終了。

今後は少しずつ運動量を増やしていただき、アジリティー再開を目指します!

今までよく頑張ったね!!

 

 

アクセルちゃんのOCDは外傷によるものではありませんが、アジリティーをされている子は整形外科的疾患の発生率が高いと感じます。

 

アジリティーをはじめとするドッグスポーツは、わんちゃんとオーナー様がともに楽しみながら過ごせるとても良い機会だと思っています。

 

ただ、怪我をする子も多いのは事実ですし、若いうちから整形外科的疾患をもっている子は意外と多いものです。

まずは準備運動!そして運動後の関節のケア!予防が大切です。

 

それでも怪我病気になってしまったら…病気によってはスポーツの継続が難しいものもありますが、アクセルくんのように、手術をしたりうまくつき合いながら復帰を目指せる場合もあります。

 

スポーツ前の準備運動、クールダウンの方法などの簡単なリハビリ相談も受け付けておりますので、これからスポーツを始めようと考えておられる方、また既に楽しんでおられる方も、気になるところがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

動物スポーツメディスン科 獣医師 寺前

大掃除

2013/12/26

腫瘍科の西戸です。

クリスマスも終わり、年越しの準備に忙しい日々が続きます。

年末は大掃除、年賀状、忘年会などで気がつけば年が明け、そしてもう一年が過ぎたかと毎年思ってしまうんですよね。

 

毎年、病院の大掃除はスタッフで分担して行っており、空いた時間を使って今年もきれいになりました。

 ただ、エアコンだけはフィルターくらいしか掃除ができず、今年は清掃業者に依頼してエアコン内部まできれいにしていただきました。

 

当院のエアコンを数えてみると25個もあり、天井部分の大型のものがその中の3個を占めています。

 20131223_185536

 

こんなふうにして掃除するんですね。

夕方から深夜まで2日間かかり、内部まで本当にきれいになりました。ありがとうございました。

 

まだまだ寒い日が続きますので、暖かくきれいな空気を保つよう心がけていきたいと思います。

皆さまもお忙しいかと思いますが、大掃除をして気持ちよく新年を迎えていただければと思います。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

もうすぐクリスマスですね♪

2013/12/11

こんにちは^^*

 

12月に入り急に寒くなってきましたね。
急激な温度変化に体調を崩したりされてないですか?

 

もうすぐクリスマスですね。
皆さん、どうお過ごしになられますか?

 

最近、ペットショップでよく見かけるのですがわんちゃん・ねこちゃん用のクリスマスケーキを御存じですか?
1年に1度の素敵な日。
昨年は市販のクリスマスケーキだったので今年は手作りのクリスマスケーキに挑戦してみようかなと思っています。
調べてみると沢山の種類がありどれを作ろうか迷ってしまいます(+o+)
また、機会があればご紹介したいと思います!

 

ケーキのお話をしていてなんですが、病院に来院されるわんちゃん・ねこちゃんにふくよかな体型をしている子達が増えてきている気がします。
ぽっちゃりしている方が可愛い♡とお思いになられる方も中にはおられると思うのですが実際、わんちゃん・ねこちゃんの体にかかる負担を考えてみてあげて下さい。

 

肥満になると
関節炎、糖尿病、結石、高血圧、気管虚脱、膵炎、熱中症、麻酔へのリスク
などさまざまな病気に影響を与えます。

 

肥満は病気です。
今からでも遅くはありません。
私達と一緒にダイエットに挑戦してみませんか?
ペットショップで買っている総合栄養食(一般的に売られているご飯)を食べている方でも、病院から指定されている療法食を食べている方でもダイエットはできます。
どんなささいなご質問でもかまいませんので大切な家族の為に一度、当院スタッフにお気軽にご相談下さい。

 

楽しいクリスマス。おやつのあげすぎには十分に気を付けて下さいね(^^)/

メリークリスマス☆

無題

                                                                                                         一般診療科 看護師 多田




東京でのセミナー

2013/12/02

腫瘍科の西戸です。

 

先日、東京での腫瘍セミナーに参加してきました。

セミナーの講師はアメリカ腫瘍内科専門医の先生で、3日間の講演でしたが、腫瘍に対する従来の考え方とは異なる点があり、すばらしい講演内容でした。

 

講演内容は「転移したがんをどう治療するか」です。

何度も言いますが、すばらしいテーマですよね。

 

従来からある腫瘍の3大治療、「手術、放射線、抗がん剤」はがんが転移した症例に対して大きく効果の得られない治療法だと位置付けられてきました。

そういう背景から、もうすでに転移している動物に対して治療のメリットは少ないと考えられてきました。

転移したがんに対して治療ができれば、より多くの動物をたすけることが可能になることはわかっていましたが、治療法がほとんどなかったのが現状ではないでしょうか。

それができるようになりつつあるのです。

 

その講演で難しかったのは従来からある「がんとは何なのか」をはるかに超えた「がん細胞の内部で起きている生物学的なことや、転移のメカニズム」を理解することでした。

まだ頭の中で整理できてはいませんが、先生の講演を聞いて非常に興味を持ちました。

「転移とは何が起こっているのか」をまず理解しなければ、治療するために私たちが何をしなければならないのかがわかりません。

先生はその難しい研究から治療を導いたのでしょう。

あきらめてはいけないということです。

 

先日もお話しましたが、腫瘍の治療は日々進歩しており、新しい治療ができるようになっています。

10年前では治療できなかった腫瘍も今ではいろいろな治療法が選択でき、腫瘍によっては完治が期待できるくらい研究が進んでいます。

 

新しい治療により、近い将来、全てのがんは治せる病気であるという日がきてもおかしくないほどの強い印象をあたえてくれた講演でした。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

学会発表

2013/11/13

腫瘍科担当獣医師の西戸です。

 

11月15日から17日に大阪で動物臨床医学会の年次大会が行われます。

この学会は大阪で行われる学会のなかで最も大きい学会で、遠方からも多くの動物病院関係者が集まります。

この学会で当院から5名が発表する予定です。

整形外科の野尻先生、寺前先生。

腫瘍科の私。

一般診療科の佐伯先生、杉山先生です。

 

学会での発表は多くの人の前で話をするというプレッシャーもありますが、病院のアピールにもなりますし、発表を通して勉強になる部分も多くあります。

 

また昔話をしますが、

私が小学生の頃、国語の教科書を人前で読むことが苦手で、緊張して声が震えたり、言葉がつまってしまったりしていたことをよく覚えています。

今は全く緊張しないということはありませんが、当時より明らかにしにくくなったように思います。

緊張するしないはどこかで変われるのではないかと考えていますが、人はなぜ緊張してしまうのでしょうか?

 

私がこの方の一言でなるほどと思ったことがあります。

麻布大学腫瘍科の研修医をしていた当時、先輩からの一言でした。

 

「人前で良いかっこうをするな。間違ってもいい。失敗しても大した問題ではないと思って人前でしゃべれ。失敗してはいけない恥をかいてはいけないという思いがお前を余計に緊張させるんだよ」と教えられました。

その時私は確かにそうだなと思いました。

麻布大学腫瘍科では人前で話をすることが多く、そこでの経験が今につながっていると思います。

 

こんなお話をしていても学会当日の発表は緊張してしまうんですけどね。

頑張ってきます。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

アメリカの学会 (ACVS) に参加してきました。

2013/11/04

腫瘍科担当獣医師の西戸です。

10月に1週間ほど休み、患者様にはご迷惑をおかけいたしました。

その1週間はACVSというアメリカの外科の学会に参加してきました。

20131026_214023

 

場所はテキサス州のサンアントニオという町で、メキシコとアメリカの国境近くにあります。

中心部には水路があり、ボートに乗って周遊する観光に人気があります。

20131025_053024

学会の会場はその水路をはさんだコンベンションセンターという大きな建物です。

 

学会の初日は外科の実習に参加しました。

実習内容はステントの設置術です。

今回は気管と尿道に対するステントの設置を勉強してきましたが、その他のいろいろな場所に応用できます。

例えば食道だとか、血管にも設置することが可能です。

 

ステントって何?と思われた方がいらっしゃると思いますので、少し説明します。

気管や尿道の病気にかかるとその中を尿や空気が通過しにくくなりますよね。

気管の病気では咳が出たり、ひどくなれば呼吸困難になるケースもあります。

尿道の病気ではおしっこがでにくくなり、体調が悪くなります。

このような病気に対して、通過の障害を改善させるのがステントです。

設置には麻酔が必要ですが、皮膚を切る手術は通常必要ではありません。

 

講師の先生は世界的に有名なDr. Chick Weisse (チック ワイズ先生)です。

20131024_013646

実際の実習風景です。奥にいるDr.Chick Weisseが手前の先生にステントの設置を教えているところです。

学会の実習では実際使用するの機材や器具を用いますので、非常にわかりやすく本当に勉強になりました。

 

2日目から4日目は様々な講演が行われました。

整形外科や軟部外科、合併症などのシンポジウムもあり、少し日本とは違ったなんというかアメリカ独特の雰囲気で行われていました。

シンポジウムの節目で必ずといっていいほど会場に笑いがあるんですよね。

アメリカンジョークを真剣なシンポジウムにはさんでくるんですよ。

プレゼンテーションでいかに笑いをとるかという、お笑い的な技術も必要みたいです。

 

今回の学会参加でやはり、世界レベルの外科医が何をしているのか、何を考えているのか本当に勉強になりました。

どんどん海外の学会に参加して新しい治療法などをファーブルにもとりいれていけたらと思っています。

アメリカンジョークの勉強もしないといけませんね。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

 

 

 

 

★スタッフの紹介★

2013/10/30

こんにちは ^^*

今回は、裏で活躍しているもう2人のスタッフを紹介したいと思います。

 IMG_1862

すももちゃん 14才のラブラドール・レトリーバーのおばあちゃんです!

若い頃は、輸血が必要なわんちゃん達を大勢救ってきました。

供血犬というお役目は引退しましたが、人でいうと100歳近いご高齢にもかかわらず

毎日元気にお散歩しています(@^^)/~~~

みなさんのわんちゃん、ねこちゃんはいくつですか?

一度、調べてみてはどうでしょう?

当院スタッフにお気軽にご質問下さい。

 IMG_1868

きなこちゃん 4才のゴールデン・レトリーバーの女の子です!

現在、供血犬として私たちスタッフと共に働いています。

いつも元気溌溂なきなこちゃんはお散歩が楽しみすぎてリードをつけるとジャンプをして喜びます。

お散歩を一緒に行く私たちもなんだか楽しい気持ちにさせてくれるファーブルのアイドルです(^v^)

当院ではパピーパーティーもしています (^^)/

 図1

これからも沢山の命を救えるよう頑張ります!

応援宜しくお願いします!

IMG_4720.2

一般診療科 看護師 多田

一花ちゃん

2013/10/21

こんにちは!動物スポーツメディスン科獣医師の寺前です。
今日は、当院にしばらく入院していた秋田犬の女の子『一花(ひな)ちゃん』をご紹介します。

顔


耳の後ろのふわふわした毛が何とも愛くるしいですね♪

一花ちゃんはまだ11か月齢なのですが、股関節が緩く(股関節形成不全)、その治療として2点骨盤骨切り術(DPO)を行いました。
この手術は成長期に限って実施できるものであり、骨盤を切って回転させることで股関節を安定化します。

従来一花ちゃんの年齢であれば、3点骨盤骨切り術(TPO)が行われてきました。基本的な原理は同じですが、DPO ではTPOに比べて坐骨を切りません。したがって合併症のリスクが少なくなる(過矯正・骨盤狭小化が起こりにくい、術後の疼痛が少ないなど)ことから、当院ではDPOを導入しています。

ただ、今回はこの手術の適応年齢ギリギリであり、坐骨を一部切開することにはなりましたが、無事終了しました。

手術前のレントゲン
術前

 

手術直後のレントゲン

術後
あまり変化がないように見えると思いますが、これから2~3週間もするとしっかり大腿骨頭が寛骨臼に収まるようになります。

術後は疼痛も少なく翌日から私たちに愛想を振りまいてくれて一安心、無事退院となりました。
9日間も入院していたので、退院時ご家族との対面時には大喜びで大変でした!!
頑張ったね、一花ちゃん♪

切った骨が癒合するまではまだまだ時間がかかるので、お家での安静がんばって下さいね。

今回のように股関節の手術には年齢の制限がある(成長期を過ぎるとできない)手術もあり、早期発見が必要となります。重症度等によりすぐには診断がつかない場合もありますが、歩き方が気になるなどの症状がある方、お気軽にご相談ください。

 

動物スポーツメディスン科獣医師 寺前

異物誤飲にご注意ください。

2013/10/16

ここ数日、異物を誤飲された患者様が多いように感じます。

 

動物はなぜ食べ物ではないものを口にしてしまうのでしょうか?

その理由はヒトの赤ちゃんの様に好奇心で食べてしまうことや、育ってきたもしくは現在おかれている環境もその原因になることが多いと思います。

経験的に異物を食べてしまった動物は、たとえ異物摘出の手術を受けて痛い思いをしたとしてもまた食べてしまう傾向にあります。

飼い主様にはとにかく食べない環境を作ってもらうしかありません。

ヒトの赤ちゃんもそうですよね。食べるようなものは周りにおかない。これと同じです。

 

異物で思い出しましたが、私のいとこが異物で治療したことがあるんです。いとこなのでヒトです。

20年以上前の話。当時「ゾイド」という恐竜のプラモデルが流行し、いとこもたくさん持っていました。

 

小学校の検診で鼻の奥に異物があると指摘され、病院にいき鼻の中からとりだしたところ、そのゾイドのゴムの部品だったんです。

不思議なのが、本人がまったく気付いていなかったこと、症状がなかったことです。

本人いわく、そういえば数年前に入ったまま「そのうち出るだろう」と思っていたようです。

 

この「そのうち出るだろう」これが異物を重症化させる最も危険なNG wordです。

異物誤飲を気付いていながらこの言葉を信じていたが、だめだった患者様は非常に多いように思います。

 異物の種類で恐いものは「消化されず残ってしまう物。つまる大きさのある物。ヒモのような細く長い物」です。

固形の異物を食べた直後であれば胃にとどまっていますので、吐かせたり、胃カメラで摘出することも可能なケースが多いです。

時間がたてば腸に入り、お腹を切るしかない状況に追い込まれる可能性が高くなります。

 

飼い主様へは「異物を食べたらすぐ病院へ」

この言葉を忘れないようにして下さい。

 

腫瘍科担当 西戸

海外実習

2013/10/07

はじめまして。動物スポーツメディスン科の獣医師 山口です。

9月26日から30日まで、オーストリアのウィーンに股関節形成不全の新しい治療法である2点骨盤骨切り術の実習に行ってきました。

従来から行われている3点骨盤骨切り術より術後の歩行がきれい、骨盤狭窄が起こらない等多くの利点があります。ただし適切な時期、正しい手術を行なわないと合併症のリスクが高まります。また合併症が起こったときの対処法も知っておかないと危険です。

当院では過去に100例を超える3点骨盤骨切り術、6例の2点骨切り術を行っています。

今回実習をうけて新たな知識も多く得られました。講師はイタリアの開業医の先生Aldo Vezzoniです。

IMG_0869

彼は多くの股関節の手術をしている超有名な先生です。

 

IMG_0871

 

 

IMG_0870

写真はプラスチックの骨を用いた実習、

 

IMG_0864

 

 

IMG_0863

ドナウ川、

 

IMG_0867

 

IMG_0873

Vienna獣医科大学、

 

IMG_0876

 

 

IMG_0875

 

 

IMG_0866

Vienna(ウィーン)の町並み等です。

 

                               動物スポーツメディスン科獣医師 山口

 

 

 

フォーラム2

2013/10/07

腫瘍科の西戸です。

ファーブル日記も盛んになってきましたね。

 

私は先日、臨床フォーラムで分子標的薬のシンポジウムが行われました。

「分子標的薬」って何でしょうか?

あまり一般の方にはなじみのない単語ですよね。

獣医師でもまだまだ新しいお薬で、あまり詳しく知らない先生も多くいるくらいです。

シンポジウムではその効果が出るメカニズムから治療の実際まで講義をしていただき、多くのことを学んできました。

分子標的薬とは従来と違うメカニズムで効果のでる新しい抗がん剤のことです。

従来の抗がん剤は細胞分裂の盛んな細胞に効果がでますので、腫瘍細胞はもちろんのこと、正常にある胃や腸などの消化管、骨髄、毛の細胞などにも作用してしまうのです。

これが副作用です。消化管なら、嘔吐や下痢の症状がでますし、毛の細胞なら脱毛が認められるわけです。犬や猫で脱毛はほとんどないのが現状です。副作用はヒトほど激しいものではなく、ほとんどの動物たちが副作用を予防することが可能です。

 

さて、分子標的薬は簡単に説明することは難しいのですが、腫瘍細胞中に存在する分裂をしようとする信号を妨げたり、腫瘍細胞に栄養を供給する血管を作りにくくさせたりするお薬です。

私はこの薬がでた当初、このメカニズムなら副作用はほとんどないのでは?とすごく期待していましたが、実際は異なりました。副作用がないわけではないのです。

ただし、腫瘍細胞だけに効果がある薬が研究され開発されているという時代になったのだなの思いました。

 

10年前と現在では腫瘍に対する考え方から治療法まですごく進歩し、当時は何もできなかった悪性腫瘍でも治療ができるようになりました。今回の分子標的薬を使った治療もその一つではないでしょうか。当院でも分子標的薬の治療をすでに導入していますが、今後も新しい分子標的薬がでる予定です。

 

今から10年後はどんな時代になっているのでしょうか?

私は副作用のない抗がん剤を普通に使用している時代がくるのではないかと思っています。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

フォーラム

2013/10/01

一般診療科の看護師、多田です ^^*

先日、東京で行われた 「第15回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2013 」 に参加してきました。

東京で開催された学会に行く事が初めてだったので、ドキドキとワクワクを胸に抱き新幹線に乗りました。

名古屋を過ぎて少しすると左側に、最近世界遺産に登録された富士山が見えてきました。

IMG_8712

新幹線の窓からでも分かるくらい大きな山で、一度は登ってみたいと思いました♪”

そうこうしているうちに東京に到着!

 

いよいよ学会STARTです(^^)/

3日間でたくさんの事を学んできました。

例えば…

IMG_4134

栄養学 

生活する上で、ワンちゃんやネコちゃんに必要な栄養素がヒトと異なることなどを学びました。

サンプルなどその子に合ったごはんをオススメする為に多数取り揃えております。

 

IMG_7891

歯科学

お口の病気の怖さを学びスケーリング(歯石取り)の大切さを改めて感じました。

ファーブルでもスケーリングやその後の歯磨き指導もしています。

 

IMG_9095

皮膚科学

皮膚病とシャンプーとの関連性について学んできました。

病気に応じたシャンプーを多数取り揃えております。

お気軽にご相談下さい!!

 

3日間学んだ事を院内で報告し合い、病院全体の意識を高めていきたいと思います。

これからもいろいろな学会に積極的に参加し、診療に役立てていきます。

少しでも皆さんのお役にたてれば光栄です。

これからもファーブル動物医療センターをどうぞ宜しくお願いします。

一般診療科 看護師 多田

はじめまして☆

2013/09/30

はじめまして!

 

動物スポーツメディスン科(整形外科)の看護士玉岡です。

ファーブル日記では病院での出来事やプライベートであった楽しいことなど順次お知らせしていきたいと思います(^^)

 

早速ですが、今回は題名の「はじめまして☆」のとおりもう一人(一匹?)紹介したい子がいます。

スポーツメディスン科で働いているラブラドールの「ゆず」です♪

IMAG0741

スタッフにおもちゃをもらいごきげんショットですね♪(^^)

 

ゆずはリハビリのデモストレーション犬を目指して只今奮闘中です!

整形疾患での手術後退院時に渡されるパンフレットに登場しているんですよ!

例えば

DSC04298

関節可動域を広げる練習写真や・・・

DSC04249

スラロームという運動の写真などまだまだたくさん登場しています。

 

パンフレットには載っていませんが

ゆずバランスボール

バランスボールを使ったトレーニングや・・・

IMG_0664

陸上トレッドミルで運動方法について説明する時にも写真で登場してくれます!

なんだかこの上の写真のゆずかなり楽しそうですよね♪(^^)

 

飼い主様の前に直接登場するにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、日々のほほんと訓練がんばってます!

また、少しずつゆずの近況もお知らせしていきますね(^^)IMAG0746

 

看護士 玉岡

 

 

2013/09/22

先日、親戚の法事に行ってきました。

法事の最後にお坊さんからのお話がありますよね。

個人的にそのお話、仏教についてあまり知らないので聞いてしまうんです。

 

でも普段考えないだけで、おかしな話では全くなく何かすごく考えさせられるんです。

その時は「4つの恩」についてのお話でした。

 

4つの恩とは父母の恩、師の恩、食べ物の恩、環境の恩だそうです。

この話を聞いているときにふと考えたことは師の恩についてでした。

師とは学校の先生だけでなく、教えてもらうすべての人をさすそうです。みなさんも、そういう方がいらっしゃると思います。

 

私はそのとき四人の先生が頭に浮かびました。私の人生を変えてくれた先生です。

 

一人目の先生は小学校四年間も担任をしていただいたI先生です。

当時は本当に厳しかったことを覚えていますが、よく両手でたたかれていました。

ひどい時は同じ組の生徒の2/3くらいが先生の前にならんでたたかれていました。

でも今考えればそれでよかったと思っています。

今の時代、生徒に対する暴力が話題になることが多いですが、程度によりますがそういう厳しさも時に必要ではないかと個人的には考えています。

そんな教育があったからこそ、私の学業の土台となり今も勉強しているんですよね。

 

二人目の先生は中学校の塾のO塾長です。

今、こんな形で教えている先生はほとんどいないと思いますが、木の棒で教卓をたたくその音でリズムよく答えさせるというスパルタ授業でした。

俗にいう古今東西みたいな感じです。

考える時間などありません。反射ででてくる言葉が答えでなければ試験に通らないと教わりました。

その木の棒、教卓のたたき過ぎでボロボロ。いつもガムテープで補強されていました。

そんな厳しい塾長から教わった勉強法で高校に入学でき、獣医大学の難関試験にも合格できたのだと確信しています。

 

三人目の先生は今のファーブルの山口先生です。

私がファーブルに入った頃、右も左もわからない、動物の扱いもわからない獣医師でした。

獣医師としての最初の3年は人の役にたてない。3年いや5年やって初めて人に認められ、役にたてると教わりました。

役にたつとは何なのか、今考えるとできる獣医師になるとかではなく、飼い主様や動物たちに満足していただける治療を提供すること。

その真の答えは今もなお導き出せていませんが、その道に導いてくれたのは山口先生です。

 

四人目の先生は麻布大学腫瘍科のS先生です。

そこも本当に厳しい環境でしたが研修医がみんな笑っているんですよね。入った時、本当に不思議でした。

腫瘍科を出るとき、その不思議さはなくなるんですよ。自分も笑っていました。

そこでできた仕事に満足感や充実感があるんです。

そんな仕事環境を作るって本当にすごい先生です。

ファーブルもそういう環境をつくっていければと思っています。

 

みなさんも師について一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

台風一過

2013/09/17

一昨日から昨日にかけての台風18号は雨風共にすごかったですね。

特別警報なんていう言葉も初めて出ましたし。

現に桂川や由良川が氾濫して周辺に災害をもたらした訳ですから、この警報の必要性が多いにあるということがわかりました。

この警報は「命を守る行動をとって下さい」とありますが、なかなか普段考えておかないと行動できませんよね。

重大な災害がいつ起きてもいいように自分自身も準備しておこうと思います。

ちなみに、東日本大震災の時の常備したカップラーメンはほとんど食べてしまいましたが。

 

さて、今朝は本当に台風一過の秋晴れがきれいだったので撮影してみました。

 20130917_074532

気温もすごしやすくなり、犬の散歩も気持ちよく行けるのではないかと思います。

 

空の写真で思い出したのですが、つい先日夕焼けがあまりにも鮮やかで、雲がオーロラみたいになっていたので撮影してしまいました。

 20130720_191201

 本当のオーロラは見たことがないんですけどね。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

 

ごあいさつ

2013/09/11

ファーブル動物医療センターのホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

当院ホームページのリニューアルを担当しました、獣医師の西戸です。

 

リニューアルから4ヵ月ほど経ちますが、やっとブログまでたどりつくことができました。

 まず、ホームページをリニューアルしていただきましたQuad web designing」の眞嶋様には本当にお世話になり、深く感謝しております。

 

眞嶋様とは私の友人の友人というつながりで縁があり、出会うことができました。

いつも思うことですが、人と人とのつながりって大切ですよね。

私が友人と、そして友人が眞嶋様と出会ってなければこのホームページもなかった訳ですから。

おかげさまで、斬新なデザインかつ個性的なホームページになったと思います。

これからも飼い主様にもっともっとわかりやすい様に、写真など増やしていく予定です。

 

話は変わりますが、ファーブル動物医療センターのブログは「ファーブル日記」という名称にしました。

日記ということなので、飼い主様へのお知らせから日々ささいな出来事まで、私だけでなく当院スタッフもどんどん書き込んでいく予定です。

充実したブログになると思いますので、楽しみにしていて下さい。

皆さまからのアクセスをお待ちしております。

 

腫瘍科担当獣医師 西戸

ページの先頭へ