一般診療科一般診療科

飼い主様と一緒になって感染症の予防や病気のことを考え、対応するようこころがけております。

一般診療科では予防や病気など全般的に診療しています。
特殊な検査や治療、診察が必要な場合は専門診療科に引き継ぐことも可能です。
担当医制ではございませんが、飼い主様が希望されれば指名した獣医師で受診することもできます。
申し訳ございませんが、現在予約診療は行っておりません。

一般診療科

血液検査
血液の状態や血液凝固、内臓の状態など各検査項目で疾患を鑑別していきます。
尿検査
尿の濃度、尿中蛋白、潜血、PH、結晶の有無などを検査します。
便検査
便中の病原性のある細菌や寄生虫などを検出します。
薬物感受性検査
細菌を培養し、それに対して薬物の反応があるかどうかを検査します。
レントゲン検査
骨格や臓器の異常を検出しますが、X線を透過してしまう異物や結石などは検出できません。
超音波検査
臓器の内部構造だけでなく、心臓内部の状態や消化管の蠕動などの臓器の動きも確認することが可能です。

獣医師のご紹介

  • 杉山晴久(すぎやまはるひさ)
  • 中嶋美記(なかじまみき)
  • 武田雅之(たけだまさゆき)
  • 永原未悠(ながはらみゆ)
  • 相馬克実(そうまかつみ)
  • 明石 唯也 (あかし ゆうや)
  • 藤本 太一 (ふじもと たいち)
  • 保田 裕起 (やすだ ひろゆき)

手術や検査に麻酔が必要な飼い主様へ

全身麻酔をかける時や覚める時に、胃の中の水や食物が気管や肺へ入り窒息してしまう事を避けるため、以下の注意点を守って下さい。

・麻酔前日の夜9時以降は食事を与えないで下さい。
・麻酔当日の朝6時以降はお水も与えないでください。

※胃や腸など消化管の手術が必要な場合や、病気により 上記と異なる場合がございますので担当獣医師に確認して下さい。

去勢・避妊手術について

当院では繁殖されない飼い主様へは去勢・避妊手術をおすすめしております。
特に手術をされていないワンちゃんには高齢期での病気が多いのが現状です。雄には精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲の腫瘍、雌には子宮蓄膿症、乳腺腫瘍などが発症しやすくなります。
乳腺腫瘍に関しては初回発情までに手術することで発生率を約90%減らす効果があると報告されています。

腹腔鏡での避妊手術について

当院ではお腹にカメラを挿入して避妊手術を実施できます。
傷が小さく、術後の痛みが軽減されるだけでなく、縫合糸をほとんど使用しないため、縫合糸に対する反応性疾患の危険性を軽減します。
犬種や猫の大きさ、基礎疾患により実施できないこともありますので、あらかじめお問い合わせ下さい。

  • 一般診療科
  • スポーツメディスン科
  • リハビリテーション科
  • 皮膚科
  • 腫瘍科
  • 眼科
  • ファーブル日記
  • ワンちゃん・ ネコちゃんの予防
  • ノラネコちゃんの去勢・避妊手術について
  • フード宅配サービス

ページの先頭へ